設立趣旨

地域課題の解消に向けて自主的に取り組む各市民活動団体や個人の多くが、それぞれの枠内だけで活動を進めています。


市民活動団体の連携・協働の輪を広げたり、潜在している地域の人材に、地域社会での活動実践機会への参画を促したりする活動を展開していきます。


人々のニーズの把握や、そこへのサービス提供の展開や拡大などにつながる情報の収集や発信を進め、個人や団体をつなぐ中間的な支援の機能を果たしていきます。


☆☆おおぶ市民活動ネットワークは ☆☆

大府市は「健康都市」の実現に向けて,さまざまな施策が行われています。

また,大府市の施策のひとつに「協働」がうたわれています。

みんなの“けんこうつくり”の方策は,決して市役所の仕事としてだけではなく,官と民,民と民などの協働によっての活動が展開できることが大切だと思っています。

私たちは「健康」を,病気ではないとか怪我をしてないとかの身体的な健康だけではとらえてはいません。

こころもからだも,社会的にも人が人として幸せに生きていける社会。

ここに,人が住みやすい“けんこう”なまちができるのではないかと思っています。

そこのために,市民活動をのすそ野を広げ,だれもが住みやすいまちづくりを目指したいと思います。

そのために,個人やいろいろな活動に取り組む団体が

    手をつなぎ,少しでも力量をおすそ分けする

ことで,それぞれの長所を生かしながら活動の幅を広げたり,新しい活動を創出したりするなどの充実した活動を広げることができるのではないかと思っています。